身長を伸ばすのに必要なことは、栄養素、運動、睡眠です。

どの要素も必須の要素であり、子供の身長を伸ばすために注意しなければならないことです。

 

子供の身長の伸びは、成長期にぐっと伸びてきます。その伸びを最大限に高めるため、正しい知識で成長を促す必要があるんです。

 

その中で運動も、とっても大拙な要素。

 

  • どんな運動が子供の身長を伸ばすのに適切なのか?
  • しない方がいい運動はどんな運動なのか?
  • 身長を伸ばす効果が高い時間帯はあるのか?

 

身長を伸ばしたい子供に意識させなければいけないことです。

 

これらをシッカリと理解したうえで、正しい栄養素をシッカリ摂取して、十分な睡眠時間を確保することで、ぐんぐん成長していくのです。

 

子供の身長を伸ばすために重要な要因!

子供の身長を伸ばすためにとっても大事なことは、「栄養素」「運動」「睡眠」です。

良く食べ、良く遊び、良く寝る。

子供が成長するためにはこれらはとても大切。

どれも欠いたとしても身長に悪い影響があります。

 

身長を伸ばす場合には、これらのことをしっかり注意してあげるようにしてくださいね。

 

身長を伸ばす栄養素

身長を伸ばす栄養素は、「タンパク質」「カルシウム」「マグネシウム」「亜鉛」「各種ビタミン」などの栄養素をバランスよく摂取していることです。

 

特に注目されている栄養素がタンパク質です。戦後から欧米型の食事の習慣になってくることにより、日本人も多くの肉類などからタンパク質を多く摂取するようになってきました。

 

日本人の平均身長も伸びてきていることから、タンパク質が大きな要因を占めていることが分かってきました。

 

そして注目されているのが、タンパク質を構成するアミノ酸の1種である「アルギニン」

 

体の中で成長の大きく左右する成長ホルモンの分泌を促すもの。

 

そのため、アルギニンを多く含むタンパク源である肉類、大豆類を食べること、サプリメントなどからの摂取がおすすめなんです。

 

また、成長ホルモンを分泌させる方法は、栄養素だけではありません。運動も成長ホルモンの分泌には大きく関係してくる要素なのです。

 

身長を伸ばす運動

成長ホルモンの分泌を促す方法に、運動があります。

でも、運動ならばどんな運動でも良いというわけではありません。

 

成長ホルモンが活発に分泌されている状況ならば、細胞分裂が活発に行われ、体の成長が促されますが、子供の身長を伸ばすためには、骨が成長する必要があります。

骨の成長には、骨と骨の間の軟骨のような骨端線が存在している必要があります。

骨端線の部分で、骨の細胞分裂が行われ骨が大きくなるためですね。

 

この骨端線部分の細胞分裂が活発に行われるためには、

 

  • タンパク質、カルシウム、マグネシウムなどの骨を構成する成分が十分にあること
  • 成長ホルモンが十分に分泌されていること
  • 骨端線に良い刺激が与えられること

 

にあります。この中で、運動が依存する部分が、「成長ホルモンの分泌」と「骨端線への刺激」です。

 

運動によって成長ホルモンが十分に分泌されるためには、ジョギングやウォーキングなど、長時間の有酸素運動を行うことが適切です。じっくりと運動することで体内の代謝が上がり成長ホルモンの分泌がたかまっていきます。

 

一方で、骨端線への刺激については、ジャンプを繰り返す様な運動がおすすめです。

 

つまり、身長を伸ばすためにおすすめな運動、スポーツは、

 

  • バスケットボール
  • バレーボール
  • ジョギング
  • 縄跳び

 

などの運動がおすすめできるのです。

バスケットボールやバレーボールのプロ選手を見ると、みな、すごく背が高いのが納得できますよね。

 

子供のころからずっとジャンプを繰り返す動作や試合中ずっと動くだけのスタミナ、そして適度な筋力トレーニングを含め実践した結果、2メートル近くの身長を手に入れていったのです。

 

身長を伸ばす運動のおすすめな時間帯は?

身長を伸ばす運動をするのにお勧めな時間帯は、特にありません。

しかし、他の身長を伸ばす要因である栄養素や睡眠と関連して運動をするお勧めなタイミングがあります。

 

栄養素と運動に関することは、「食べてから運動をすること」です。空腹時に運動すると、血中の糖分が少ないために、脂肪から消費されることになります。脂肪分が少ない場合には筋肉からエネルギーが消費されることになり、ダイエットをする場合には良いですが、体を作りたい子供が行うにはお勧めできません。

 

つまり、運動前に栄養素を摂取して運動するようにしてくださいね。

 

一方で、運動と睡眠に関することは、「熟睡するために運動を行うようにすること」ですね。眠りが浅いと、睡眠中の成長ホルモンの分泌が少なくなります。また、睡眠中に体が成長するので熟睡している必要があります。

 

そのため、寝る前にストレッチや筋トレなどの運動を行うことは、質の良い睡眠を促すためにおすすめできることなんですね。

 

身長が伸びない運動

子供の身長を伸ばすのを妨げるような運動は、「過度な運動」です。

 

具体的には、ベンチプレスなどを使った筋肉トレーニング、重量挙げ、マラソンなどです。

 

成長期の子供が過度な運動を行うと、骨端線部分を傷つけたり、筋肉で骨の成長を阻害することに繋がってしまうので、身長が伸びなくなります。

 

身長を伸ばすため、子供が楽しんで行える範囲の運動量にとどめておくのが無難ですね。

 

質の良い睡眠も大事!

身長を伸ばすために必要な要因の最後の睡眠。これもとっても大事な要素です。運動と睡眠が関連して、質の良い睡眠のために運動がとても大切でした。

 

その理由が、質の良い睡眠は、成長ホルモンの分泌を促すことが分かっているためです。

 

小学生の子供なら、夜8時から朝7時くらいの間の10時間以上は、寝ている必要があります。

 

中学生でも、夜9時くらいから朝6時くらいまでの9時間くらいの睡眠は確保したいところです。

 

十分な睡眠で、成長ホルモンが十分に分泌され、寝ている間にぐんぐん身長が伸びていくことになります。

 

身長を伸ばすのに大事なこと!

子供の身長尾伸ばすうえで大事なことは、「栄養素」「運動」「睡眠」です。その中で、運動は、栄養素や睡眠と関連付いてとっても重要な役割を果たしているものです。

 

運動があまり好きでないなら、あなたが一緒になって運動をするようにしてあげることが必要ですね。あまり、過度な運動にならないように、気を遣うことも必要です。一緒に楽しんで頑張りましょう。

 

また、毎日の食事で栄養素が足りてない要素を補うために、子供の身長を伸ばすサプリを摂取させるようにしても良いですね。特に、成長し始めると、食事だけでは足りません。栄養素を補うためには、栄養素のバランスが取れたサプリがおすすめです。

 

さらに、子供の生活リズムを整えるうえでの睡眠時間はシッカリ取っておくこと。夜更かしで、夜遅くまでゲームなんてやめさせてね。

 

シッカリ栄養を取って、運動して、よく寝ること。これが身長を伸ばすために大事なことなのです。

 

身長を伸ばす方法!子供の身長が伸びる飲み物サプリランキング!