「あなたの子供はシッカリと夜眠れることができていますか?」

 

寝る子は育つとよく言われるように、たくさん寝ている子供は、身長が高い傾向にあります。

また、よく眠る子供ほど、肥満の割合も少なくなっているという調査があるほど。

 

質の高い睡眠は、子供が健全に成長するために欠かせないものなのです。

 

睡眠時間が足りない?

日本人の子供の睡眠時間は、塾通い、習い事、スマートフォン、テレビゲーム、インターネットなどでどんどん削られています。

 

寝る時間が遅くなると質の良い睡眠が得られなくなり、睡眠中に成長ホルモンの分泌が少なくなります。

その結果、子供の成長を妨げてしまうことに繋がります。

 

また、睡眠時間が足りないと、日中眠くなって授業に集中することができなくなり学力が落ちてきてしまいます。

子供が健康的に身長を伸ばしていくため、学力を上げるためにも睡眠はとっても大切なことです。

 

成長期の子供にとって十分な睡眠時間とは?

今の子供の睡眠時間は上記の理由でどんどん少なくなっています。

 

理想的な睡眠時間は、小学生で、9時間から11時間、中学生・高校生でも、8時間から9時間は必要なのです。

 

ただし、単に寝ていればいいというわけではなく、質の良い睡眠が身長を伸ばすにはとっても大切なこと。

 

実際にあなたの子供の睡眠時間はどれくらいですか?

 

理想の睡眠時間には足りていないと思います。

 

以下に質の高い睡眠を得るための方法を紹介していくので、シッカリと理解して子供と一緒に実践していってくださいね。

 

睡眠と成長ホルモン!

なぜ睡眠が身長を伸ばすために重要なのでしょうか?

 

その答えは、成長ホルモンが関係しています。成長ホルモンは、脳下垂体から分泌されるホルモンの一つです。

 

睡眠中に成長ホルモンが分泌されると骨端線部分の細胞分裂が活発になり、骨の成長を促します。

骨が成長することができると、身長を伸ばすことに繋がりますね。

 

睡眠とメラトニン!

メラトニンは、暗くなってくると分泌されて眠たくなる効果をもたらす物質です。

また、メラトニンには、思春期の到来を遅らせる効果があるといわれるものです。

 

メラトニンは、暗くなってきたときに徐々に分泌され続け、1から2時間くらい経つと眠くなり、寝ている間も分泌され続けます。そして、起きる30分くらい前に最も分泌されています。

このメラトニンは、寝る直前に強い光を浴びてしまうと分泌が抑えられるので質の高い睡眠が得られなくなってしまいます。

これが寝る前に明るい場所に行かないように言われる理由です。

 

メラトニンが十分に分泌されているならば思春期を遅らせることができ、身長が伸びる期間を伸ばすことができるのです。

 

そのため、子供が早く寝る環境を整えておくことはとっても大切なことなのです。

 

成長期の子供におすすめの睡眠方法は?

睡眠環境を整える!

子供の睡眠の質を上げるために、睡眠環境を整えるようにしてくださいね。

子供は、寝ている間に汗をコップ1杯分かくといわれます。

それだけの汗を吸い取っても快適な状態を保たなくてはいけません。

 

子供が質の高い睡眠を得るためのサポートとして、子供が快適に眠れられるように布団やベットは子供にとって快適な柔らかさのものを選び、硬すぎず柔らかすぎない枕を選んであげるようにしてください。

また、子供のパジャマは汗を良く吸い取るもので通気性の良いものを選び、こまめに洗濯して清潔な状態にしてあげてください。

 

さらに、子供が睡眠するときには、暗めの落ち着いた環境を作るようにしてください。

寝る直前に、スマートフォン、テレビ、テレビゲーム、パソコンを使っていたり、室内が明るい状態だと、メラトニンの分泌が妨げられ、質の高い睡眠が得られません。

強い光を発するものを遠ざけて、寝るときには、豆玉1個程度の暗さで眠るようにしてください。

睡眠時間をシッカリと確保するために、夜早めに子供のを寝かして、落ち着いた環境を作ってあげることが必要です。

 

子供が快適な睡眠を確保することは、子供が健全に成長するために、欠かせないことなんです。

 

規則正しい生活を維持する!

子供の睡眠の質を高めるのに重要なのは、規則正しい生活を維持することです。

 

「早寝早起きは、3文の得」というほど、朝早く起きて夜早く寝ることは、子供の成長にもたくさんのメリットをもたらしてくれるのです。

夜早く寝ることにより、十分な成長ホルモンやメラトニンの分泌を促します。その結果、より質の高い睡眠を得ることができるようになります。

朝早く起きて朝日を浴びることは、体のリズムを整えます。それにより、起きている間に元気に活動することに繋がり、適度な疲労させてくれます。その結果、夜早めの時間に眠ることができます。

 

このサイクルを繰り返していくことで、質の高い睡眠が得られ、成長ホルモン、メラトニンともに十分に分泌される体が作られます。

 

また、ご飯は朝、昼、晩の3食を毎日食べるようにすること。そして、夜寝る直前には、ご飯を食べないようにしてください。

夜遅くにご飯を食べると、食べ物を消化するためにお腹の中は活動しています。熟睡したい時間にお腹の中が活動していることで、睡眠が浅くなってしまい、質の良い睡眠が得られなくなってしまいます。

そのため、夜ご飯は、夜寝る前の2時間くらい前までに終えるようにしてくださいね。

 

そうはいっても夜の習い事をしている場合には、夜ご飯を習い事が終わってから食べることも多くなってしまうかもしれません。

でも、子供の成長を考えるならば、ママやパパが頑張って、習い事の前にご飯を食べさせるようにして、寝る直前には食べないようにすることが必要です。

 

さらに、お風呂は夜寝る前に、ぬるめのお湯に15分以上はつかってください。

ゆったりとお湯につかることで、体の内側を温め汗を十分にかくことで、寝るまでに体温が下がることに繋がり、質の高い睡眠を得るのに役立ちます。

 

睡眠時間で思春期を遅らせる?

睡眠時間が短くなると、思春期が早くくることにより、身長が早く止まってしまうということが言われています。

昔の日本人の睡眠時間は、今よりも長かったのですが、思春期が来るのが遅かったために、身長は伸び続けていたことが分かっています。

大人の身長は、食事内容が異なることが大きな原因で、大人の身長は低かったのですが、身長が止まるタイミングは、現代の日本人より遅かったことが分かっています。

 

また、欧米の大人の平均身長と比較すると、欧米の平均身長の方が高いです。欧米の子供の睡眠時間が長いことが分かっていて、欧米の子供の思春期の時期も、日本人よりも遅いことが分かっています。

 

つまり、欧米人の子供の身長が高くなるのは、思春期が来るのが遅いため。

そして、日本人の思春期が早い原因が、睡眠時間が短いためなのです。

 

日本人の子供の塾通い、習い事、スマートフォン、テレビゲームなどの生活習慣をいきなり変えることは難しいです。

しかし、思春期の時期を遅らせられるように早く子供を寝かせるようにするように心がけてください。

子供が早く寝ることが、子供の身長を伸ばすために大切なことです。

 

睡眠とサプリメント

十分な睡眠を促すためには、メラトニンが十分に分泌される必要があります。

メラトニンを十分に分泌させるには、メラトニンの原料となる栄養素であるたんぱく質を十分に摂取する必要があります。

 

子供の身長を伸ばす栄養素!背が伸びる効果のある栄養素や食べ物を徹底紹介!

 

子供が、タンパク質を十分に摂取するため身長サプリを用いることもできます。

 

身長サプリには、タンパク質だけでなく、バランスの良い栄養素がたっぷり入っているので、身長だけでなく学習面、体調面のサポートもバッチリです。

 

健康に成長するため身長サプリを取り入れるのはおすすめの方法ですね。

 

身長を伸ばす方法!子供の身長が伸びる飲み物サプリランキング!

 

さいごに

今の子供たちは、毎日の生活の中で睡眠を妨げる誘惑がたくさんあります。

そういった誘惑を断ち切って、身長を伸ばすため十分な睡眠時間を確保しておくようにしてください。

 

また、質の良い睡眠を確保するため、規則正しい生活、栄養面でシッカリサポートしておく必要があり、寝るための環境もシッカリ整えてあげてください。

 

十分な睡眠時間、質の良い睡眠を実現することで、ぐんぐん成長して、ママやパパの身長を超えて子供は成長していってくれます。