子供の身長は遺伝によってどれだけ伸びるのか決まっているということは、よく言われることです。しかし、実際には、遺伝の影響よりも生活環境の影響が大きいです。

 

そのため、身長と遺伝にはあまり関係ないということができます。

 

両親が身長が低いからという理由で、子供の身長が伸びないと決めつけてはいけません。

 

子供の身長を伸ばすために、あなたができることをしていってあげてくださいね。

 

身長の遺伝の影響!

両親の身長が低くて、子供の身長も低い時には、遺伝の関係があるのではと、思ってしまうものですが、実際には、遺伝の影響は思ったよりも高くありません。

 

数値で言うと、25%くらいです。

 

残りの75%ほどは、後天的な影響。つまり、子供の生活環境に応じて決まるものです。

 

子供の生活環境で重要なものは、栄養素、睡眠、運動です。

 

バランスよく栄養素を摂取して、たくさん遊んで、たくさん寝ることで子供の身長はどんどん伸びていくものです。

 

そのため、子供の身長が伸びないからと言って、心配しすぎるのではなく、身長が伸びやすい生活環境を、子供と一緒に作っていくことが大切なのです。

 

子供の身長が遺伝に依存する場合の計算式!

実は、両親の身長から子供の身長を予測する計算式があります。日本人の子供の場合の統計から求められた計算式であり、期待できる身長の目安を知ることができます。

 

男子=(父親の身長+母親の身長+13)÷2+2
女子=(父親の身長+母親の身長-13)÷2+2

 

この計算式で、合う人もいれば、合わない人もいます。あくまで目安として考えていてくださいね。

 

遺伝が身長が伸びない原因でない理由!

身長が遺伝に依存しないことを理解するため、戦後と現在の子供の平均身長を比べてみると分かりやすい。

 

数値で比較すると、現代の日本人の身長は、戦後の子供の平均身長よりも10センチ以上高い。

 

同じ日本人であるので、この身長差は、遺伝子以外の要因からくるものであり、生活様式の違いが身長差に表れてきているのです。

 

また、もっと昔の身長についてみてみると、日本人の身長で最も低かったのは、江戸時代。逆に、最も身長が高かったのは、縄文時代のころと言われる。

 

縄文時代の信ぴょう性はともかく、歴史を見てみると、遺伝子の要因は、同じ日本人であるため無視できます。狩猟が中心で食事事情が良くないと考えられる縄文時代で身長が高かったということから考えられるのは、特に、肉類など、たんぱく質の摂取が身長に影響を与えるのではないかということです。

 

欧米の人は、一般的に身長が高いですが、食事内容も、肉類、乳製品など、高たんぱくの食事が多い。

 

一方で、江戸時代には、動物を殺すことが禁じられた時代もあり、米や野菜が中心の食事でした。

 

そして、現代では、戦後から食事が、どんどん欧米化して肉類を多く食べるようになってくるとともに、身長が伸びてきたと考えられます。

 

つまり、身長が伸びる大きな要因は、肉類、たんぱく質となってくるのです。

 

身長の伸びを阻害するのは?

子供の身長を伸ばすうえで阻害要因は、子供にかかるストレスです。高いストレスが溜まってしまうと、子供が健全に成長することができず、低身長になりがちになってしまいます。

 

特に、両親の不仲。

 

両親がいつも喧嘩をしているような状況だと、子供は常に不安な状況を抱え込んでしまい、成長が止まってしまうことが多い。

 

子供の身長を伸ばすなら、両親が仲良くして子供と接してあげる必要があるのです。

 

また、戦時中は、食糧不足であるとともに、社会情勢としても子供にとってストレスがかかりやすい状況であったことが理解できます。

 

子供の周りの環境でストレスがもたらされる状況は、子供の成長を妨げるに繋がるのです。私たちが避けなければいけないことであり、子供にとってストレスがたまる状況にならないよう環境を整えてあげるようにしていきましょう。

 

身長と成長ホルモン!

身長の伸びに大きく影響する要因に成長ホルモンがあります。成長ホルモンが十分に分泌される状況で、身長がどんどん伸びてきます。

 

子供の成長ホルモンを分泌するように促すには、成長ホルモンの分泌を促す栄養素の摂取、運動を十分に行うこと、そして、質の良い睡眠が必須であるといわれます。

 

栄養面では、特に、アルギニン。アミノ酸の一種で、体内では生成できないアミノ酸なために食事などから摂取する必要があります。

 

特に多く含まれるのは、肉類、大豆類など。子供の身長を伸ばすサプリの中でも、ドクターセノビルが多く含まれます。

 

成長ホルモンが十分に分泌される状況の中で、細胞分裂が活発に行われることによって、身長がどんどん伸びていくことになりますね。

 

なので、アルギニンが多く含まれるような食品である肉類をたくさん食べることは、成長ホルモンの分泌を活発化させるうえで必要なことで、日本人の子供の平均身長が伸びてきたこととも矛盾しないのです、

 

また、運動をしているときや寝ているときに、成長ホルモンの分泌が促されます。なので、質の良い運動、十分な睡眠時間の確保は、とっても大切なことなんですよね。

 

家の中で夜遅くまでゲームばかりしているのは身長が伸びなくなる原因なので改善してあげましょうね。

 

身長を伸ばすためには?

遺伝と実際の子供の身長はあまり関係がなく、身長の伸びに関係するのは、栄養素、運動、睡眠であることが分かりました。

 

その中でカギを握っている要因が成長ホルモンです。

 

そして、成長ホルモンの分泌を促すことができる環境を作り上げていくことが、子供の身長を伸ばすうえでとっても大事なことです。

 

また、子供がストレスを感じるような状況、夫婦喧嘩などはやめるようにして、あなたたち、両親が仲良く過ごしていることがとっても大事なのです。

 

身長を伸ばす方法!子供の身長が伸びる飲み物サプリランキング!